スポンサーリンク


2016年10月16日

ダンスの振付で困ったら

みんなでダンスを踊ろうとなった時に一番困るのが振付です。

グループの中にダンス経験者がいればいいのですが、もしいなかった場合は完コピと言う手があります。

アーティストが踊っているPVの振りをそっくりまねるという方法です。

でもそれには問題があります。

それは、「振付けを解読できない」です。

体をどう動かしてるかわからない場合があります。

振付は抑揚があって複雑なところと単純なところがからみあって出来ています。

なので簡単なところはまねしやすいのですが、複雑なところは解読不可能になっていしまいます。

そんな時はまねできるところはとりあえず全部まねをします。

分からないところは飛ばすのです。

(試験のやりかたと同じですね)

そして、どうしてもわからないところは「それ風」にします。

完コピだからすべてをまねしないといけないと思って、細かいところまでやろうとすると時間がいくらあっても足りません。

複雑なところを出来る範囲の簡単な動きにしてしまいましょう。

大切なのは振りを作るよりもその振りをどれだけ踊りこむかです。




posted by hattori at 20:23| Comment(0) | ダンスの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

キッズダンスの月謝の相場

キッズダンスの月謝についてです。

月謝の場合、基本的に月4回のレッスンになります。

相場は1ヶ月3000円〜6000円くらいです。

かなり開きがありますが、それはダンス教室の形態によります。

公民館など公共の施設で行ってるレッスンは経費(公民館使用料)が安いので月謝も安くする事が出来ます。


逆に店舗を構えてる教室はその分経費(家賃や改装費など)がかかってるので高くなります。


レッスン内容は同じです。

だったら安い方がいいという考え方もありますが、設備が大きく違う場合がありますので一概にそうともいえません。

公民館は音響施設や鏡が無かったり、またあっても充実していません。(全部とは言い切れませんが)

その点、店舗はしっかりとした音響施設や鏡があります。

音響とダンスは関係ないようですが、音響が良いとモチベーションが上がるので、ダンスの上達にも関わってきます。

設備が整ってるところは月6000円くらいはすると思います。




posted by hattori at 14:10| Comment(0) | キッズダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

ダンスと猫背

neko01.jpg
ダンスを猫背で踊るとかっこいいと思ってる人って多いんでしょうね〜。

実は私も昔はそう思ってました。

猫背で鏡見ながらロックを踊って、かっこいいんじゃー?

とか思ってました。

今考えると恥ずかしいです・・・。


猫背で踊る最大の欠点は、


「大きく踊れない事」


猫背は肩甲骨(背中にふたつある羽根みたいな骨)が開いたままなので、手の可動域がかなり狭くなります。

試しに肩甲骨を思いっきり開いて踊ってみて下さい。

手の稼働域が広がったのが分かります。


バレエやジャズは絶対猫背にはなりません。
(意識的に胸を入れて背中を丸くする動きはあります)

良いところは他のジャンルからもどんどん取り入れて行きましょう。

そうやっていままで発展してきました。

オールドスクール(ロック、ポップ、ブレイク)と今のヒップホップってはっきりいって別世界のジャンルですよね!

でも同じヒップホップの流れなんですねー。


まだまだストリートダンスは歴史が浅くて確立されてない部分が多いですが、良いところをどんどん取り入れて進化していけたらいいですね。




posted by hattori at 20:52| Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク